所長税理士とウマが合うかどうか

税理士事務所に就職したのはいいが、初めはずいぶん苦労をしましたとブログを書いているKさん。
税理士事務所や会計事務所というのは、少人数の組織が多いですから、所長税理士とウマが合うかどうかはとても重要だと言います。
仕事をテキパキこなせても、所長税理士と気が合わなければ、その職場にはものすごく居ずらくなることでしょう。
もちろん、一般の職場にもウマが合わない人の1人や2人必ずいるものですよね。
そういう人ともつかず離れずの距離を保ちながら、うまいことやっていくのが社会人と言えます。
しかし、税理士事務所の所長というのは、代々税理士家族に生まれてあまり社会経験もなく非常識なヘンコツな人間も中にはいるのが現状だと、Kさんは書いています。
そういう場合は、その人に合わそうとしてもムダなので、事務所を変わることをすすめています。
私もそう思いますね、ブラックな事務所にくわえてそんなヘンコツなボスがいる所なんて、精神的にズタズタになる前にサッサと辞めた方がいいと思います。
現在のKさんは、他の税理士事務所で決算や税務申告はもちろん、税務調査の対応や準備、国際会計基準の対応なども担当して収入も大幅にアップしているということです。