美容院は年に一度、いろんな意味でイレギュラーな数時間がある?!

年に一度、成人の日だけは美容院が夜明け前から開店する日であります。
そして、普段の開店時間にほぼピークを迎えるというなんともイレギュラーな日です。
しかもその間、空席を見られないのも成人の日の美容院ということができるでしょう。
だいたい6時とか6時半の予約がとれるので、その日の美容院は5時までには開くということになります。
同じ真っ暗な中、美容院についても夜と違って出る時には朝なので不思議な体験ができます。
また、女性しか来ない美容院と化す日でもあるといえるのではないでしょうか。
記憶では確かスタッフさんにも女性しかいなかったかなというのが鮮明にあります。
そして、いつもはゆったり静かな美容院もその間だけは慌しくにぎやかな美容院だといえるでしょう。
もはや美容院だという感覚もなくなるぐらいのスピーディさがそこでは流れていたりもします。
そのため、美容院にはつきもののバックミュージックなんていうものもありません。
いろんな指示や会話があるため、静かになる時もなく、気まずいと感じることもないんです。
普通は何人かいても、静か過ぎると微妙に居づらい美容院ですが、その時の美容院だけはいろんな意味で特別なのかもしれません。